公益社団法人 西尾法人会はよき経営者をめざすものの団体です

公益社団法人 西尾法人会
  • トップページ
  • 西尾法人会について
  • お知らせ・イベント
  • 行事カレンダー
  • 活動報告
  • 入会案内
  • 広報誌
  • 公開資料
西尾法人会について
開催日:平成26年11月27日(木) 14:40~16:10

▲講演する高橋署長

▲会場の様子

 
 税を考える週間特別講演会が西尾商工会議所で開かれ、講師の西尾税務署長 高橋達也氏が「知って良かった!相続税の改正~正しい知識を、幅広い方々に~」をテーマに話した。
 
 高橋署長は、西尾税務署着任前は財務省主税局に23年間勤務。このたびの改正相続税法、贈与税法の企画・立案や法令の策定など、その作業全般にわたって中心的な役割を担った経験をもつ。今回の改正がマスコミなどで大きく取り上げられているがやや表面的と感じており、講演会を通じて正しく理解してもらいたいとの思いを語った。
 
 バブル期の地価急騰による相続財産の価格上昇に対応した負担調整を行うために引き上げられてきた相続税の基礎控除について、今回の改正で課税ベースの拡大、税率構造の見直しが図られた。基礎控除額が大幅に引き下げられたため、テレビや雑誌などでこの部分だけがクローズアップされて誤解されていると高橋署長。「相続税を払うような財産を残す人は100人に4人。今回の改正で100人に6人ぐらいが対象になると思われるが、依然として大多数の人は関わることがない」と説明し、「相続税の課税対象となっても、9割近くの方は負担割合が10%に満たない。一部の富裕層の方が納税額のほとんどを担っている」と相続税の現状について説明した。
 
 実際の事例を用いてバブル期以前、バブル期、今年度、そして今回の改正後の場合と比較し、確かに今年度と改正後を比較すると負担額は増えるが、それでもまだバブル期以前の3分の1の金額であると説明し、理解を求めた。
 
 贈与税については今回の改正では逆に大幅に減税されている。この20年を見てみると、高齢化の進展や資産移転時期の高年齢化に伴い、高齢者層が保有する資産の割合が高まっている。これらの資産を若い世代へ移転しやすくなるよう、今回の改正では子や孫等への贈与に対して税率を緩和している。このように相続税と贈与税はセットになっているが、相続税だけが大増税されたような報道があることに触れて、「テレビや雑誌などは改正税法の一部分を取り上げているため、皆さんは不安を抱いていると思いますが、信用できる税理士さんなどに相談して、正しい判断をしてほしい」と呼びかけた。

開催日 平成26年11月16日(日)

 「税の役割と税務署の仕事」をテーマに11月11日から全国一斉に始まった「税を考える週間」の一環として、西尾税務連絡協議会主催のイベントが西尾市のおしろタウン・シャオにて開催されました。
 
 西尾法人会は税務連絡協議会の一員として毎年参加しており、今年も青年部会による小学生を対象とした税金クイズ、似顔絵コーナー、女性部会による税についての紙芝居コーナーなどが設けられ、買い物に訪れた家族連れらが参加しました。

 また、西尾法人会女性部会主催による「第3回 税に関する絵はがきコンクール」の表彰式も合わせて行われました。
 このコンクールは児童たちに税に対する関心を高めてもらおうと、西尾市内の小学6年生を対象に実施したもの。今年は1,136点もの応募があり、厳正な審査の結果、西尾税務署長賞に伊藤修一朗君(吉田小6年)の作品が選ばれました。

 この日は、伊藤君ら特別賞の受賞者10名が出席し、西尾税務署の高橋達也署長や、法人会女性部会の杉田和江部会長から表彰状が手渡されました。

 杉田部会長はあいさつで、「絵はがきコンクールは今年で3回目を迎え、応募数も600通、800通、今年は1,136通と増えています。このコンクールを通じて、税の役割を知ってほしい」と話しました。
 また、高橋署長は受賞した児童たちに税に対するイメージを尋ねながら、「このコンクールが税に関心を持つ良い機会となっていると思います。大人になったら世の中のために何をすればよいのか、考えてもらえたらうれしいです」と呼びかけました。

平成26年11月8日~9日

▲吉良支部 ポップコーン配布

▲幡豆支部 バラの花配布


 西尾法人会吉良支部・幡豆支部が吉良町コミュニティ公園で開催された「きらまつり」に参加しました。
(主催:吉良・幡豆まちづくり協議会(きらまつり実行委員会)、西尾市観光協会。協賛:西三河農業協同組合・西尾法人会吉良支部、西尾みなみ商工会ほか)

 吉良支部は8日、わたがしとポップコーンの無料配布を行い、一緒に税についての冊子も配布。9日はウォーク・スタンプラリーを実施。会場付近の史跡をめぐりながら5kmのウォークラリーで、スタンプポイントでは税金クイズを実施しました。
 幡豆支部は8日のみの参加でしたが、毎年好評の「バラの花配布」を実施。駮馬農園さんの協力により、色とりどりのバラの花のアレンジメントと税の冊子を配布し、会場を訪れた人たちに法人会をPRしました。

平成26年11月2日(日)

 西尾法人会一色支部が11月2日、「第36回一色商工まつり」(一色町商工会主催)に参加しました。

 昨年は会場である一色町公民館の整備工事に伴い中止されましたが、今年は復活。「いっしき文化のまつり」も同時開催され、11月1日、2日の2日間にわたって開かれました。
 法人会一色支部は11月2日のみの参加でしたが、前日の雨で会場の足元が悪い中、多くの家族連れが税金クイズに参加してくれました。

開催日 平成26年9月25日(木)

 秋の全国交通安全運動の一環で、西尾市役所周辺の沿道に立って交通安全を啓発する「人波作戦」が行われた。
西尾市と市交通安全推進協議会の主催で、西尾警察署と県交通安全協会西尾支部などが協力。榊原康正西尾市長をはじめ、市議、職員とともに周辺の県関係機関職員や事業所社員が参加し、西尾法人会からは東・中支部会員が参加した。
 市役所周辺の歩道や交差点には安全運転やシートベルト着用を促すのぼり旗を持った人たちが立ち並び、夕暮れ時のドライバーらに安全運転を呼びかけた。

全 60 件中 46 〜 50 件目を表示 7, 8, 9, 10, 11, 12

« 前の5件 次の5件 »