公益社団法人 西尾法人会はよき経営者をめざすものの団体です

公益社団法人 西尾法人会
  • トップページ
  • 西尾法人会について
  • お知らせ・イベント
  • 行事カレンダー
  • 活動報告
  • 入会案内
  • 広報誌
  • 公開資料
西尾法人会について
平成27年10月10日(土)

 10月10日、西尾市文化会館一帯で開催された第5回にしお産業物産フェアにあわせて、第24回「西尾の抹茶の日」イベントが開催されました。文化会館小ホールロビーにおいて、抹茶の無料サービスがあり、西尾法人会女性部会がボランティアで参加しました。
 女性部会メンバーはお茶碗洗いやお抹茶点て、お菓子の準備などで息つく暇もなく動きまわり、気が付けば汗びっしょりに。朝から多くの方が来場し、この日1日だけで約2,000名もの方に西尾の抹茶を楽しんでもらうことができました。


△メンバー全員が一生懸命奉仕しました


△ひたすらにお茶碗を洗います

△会場の様子。長蛇の列が出来ています

開催日 平成27年9月30日(火)

 平坂中校区 交通安全・非行防止・防犯推進大会が9月30日、西尾市立矢田小学校にて開催され、西尾法人会から西1支部の長野幹敏氏(メイティックス(株))、西2支部の足立賢次氏((株)杉浦製作所))、田中専務理事が来賓として参加しました。
 西尾市危機管理局の鈴木義宏局長ら来賓挨拶のあと、主催者を代表して平坂中校区交通安全・生徒指導推進協議会の稲垣雅春会長が「昨年は平坂中校区全体で人身事故が72件発生している。校区の安全を守っていくためには一人ひとりが安全への意識を高めることが大切。皆さんの力で事故を減らし、住みよい町にしていきましょう」と挨拶がありました。
 大会にあわせて校区の児童・生徒らから募集した交通安全に関する標語の優秀者表彰がおこなわれ、アトラクションでは愛知県警音楽隊によるマーチング演奏がありました。
 最後に、児童・生徒・地域住民がそれぞれ「飛び出しは絶対にしません」「NOと言おう いじめ、喫煙、甘い誘惑」「地域で見守ろう、子どもの安全と非行防止」と宣言を唱和。日ごろの交通安全・防犯意識の向上に努めていく決意を新たにしました。
 西尾法人会からは矢田小学校児童全員に税の小冊子やノートなどを配布し、PRに努めました。

開催日 平成27年9月29日(火)

西尾法人会一色支部は9月29日、一色中部小学校の6年生児童74名とともに交通安全活動を行いました。
社会貢献活動の一環として昨年に続いて企画したもので、一色支部の役員ら13名が参加。一色中部小学校正門前の道路にて、先日作成した「ひょうたんお守り」を児童たちと一緒にドライバーらへ手渡し、「安全運転をお願いします」と呼びかけました。



平成27年9月16日(水)

 西尾法人会一色支部は9月16日、一色町商工会にて9月29日に一色町内で配布する交通安全用の「ひょうたんお守り」を作成しました。
 乾いた本物のひょうたんに、ヒモや「交通安全」とプリントされた札を取り付ける作業を一色支部メンバーらが行い、300個を作りました。
 このひょうたんお守りは9月29日(火)に、一色中部小学校の6年生の協力を得て、同校前でドライバーに配布します。


平成27年9月15日(火)

△講師の深谷裕寿氏

 西尾法人会主催による「マイナンバー制度~影響と実務対策」セミナーを西尾市文化会館小ホールにて開催し、企業の総務・人事担当者らを中心に350人が聴講しました。

 講師に深谷経営会計事務所所長の深谷裕寿氏を迎え、マイナンバー制度の基礎知識を中心に、取り扱いに対する注意事項や中小事業者の安全管理措置についてなど、2時間にわたって詳細に説明がありました。

 深谷氏は「会社がすべきこと5か条」として、1.マイナンバー制度の取り扱い場面を理解すること、2.取り扱いに関する基本方針、取り扱い規定を策定すること、3.安全管理措置を徹底し、目的外利用をしないこと、4.マイナンバー取得時に厳格な本人確認をすること、5.社員にマイナンバー制度の周知を行うこと をあげ、来年1月からスタートするマイナンバー制度について「会社がどういう方針で対応していくか早急に決めていってほしい。情報が漏えいしないよう、会社内での取扱方法についてのルール作りをしていきましょう」と呼びかけました。


全 41 件中 16 〜 20 件目を表示 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7 ...9

« 前の5件 次の5件 »