公益社団法人 西尾法人会はよき経営者をめざすものの団体です

公益社団法人 西尾法人会
  • トップページ
  • 西尾法人会について
  • お知らせ・イベント
  • 行事カレンダー
  • 活動報告
  • 入会案内
  • 広報誌
  • 公開資料
西尾法人会について
2016年12月18日

イータ君は子どもたちに大人気でした

 にしお駅伝フェスティバル2016が愛知こどもの国一帯で行われ、西尾法人会からは早朝から幡豆支部・青年部会が合同で税金クイズのブースを出展し、参加した多くの子どもたちに税金クイズにチャレンジしてもらうことができました。
 また、今年も西尾税務署から「チーム・イータ君」がフレンドリー部門にエントリー。谷本俊一署長が監督を務め、e-Taxイメージキャラクターの「イータ君」も見守る中、職員の中から選び抜かれた精鋭5名が健脚を競いました。結果はフレンドリー部門全55チーム中14位という好成績をおさめることができました。
 法人会メンバーも「西尾法人会」ののぼりを掲げて大声援を送るなど、法人会・税務署が一丸となって地域イベントを盛りあげることができました。


多くの子どもたちが税金クイズに参加してくれました

皆で応援しました!

2016年11月18日


 西尾法人会は平成29年度「税制改正に関する提言」書を榊原康正西尾市長に提出しました。
 この提言は、長崎県で開かれた全国大会において加盟90万社の総意として採択されたもので、この日は山﨑秀夫会長、朝岡一司税制委員長らが西尾市役所を訪問し、榊原康正西尾市長に提言書を手渡しました。
 提言書の主な内容は、全法連ホームページに掲載しています。

全国法人会総連合ホームページ 税の提言活動

秋のイベントシーズンが到来し、西尾市でも各所でさまざまなイベントが開催されています。
西尾法人会は今年も積極的に「税金クイズ」などで参加しました!

11月6日(日)、西尾市役所一色支部一帯で開催された「一色商工まつり」に一色支部が参加しました。税金クイズのブースに多くの家族連れに立ち寄っていただきました。

翌週の11月12、13日は吉良町で行われた「きらまつり」に参加。
12日(土)は幡豆支部が毎年大好評の「バラの花 無料配布」を実施。税の冊子とともに配布し、法人会をPRしました。
吉良支部は子どもたちに大人気のポップコーンの無料配布を実施し、こちらも大盛況でした。

13日(日)は吉良支部協賛による「ウォーク・スタンプラリー」を実施。今年は好天に恵まれ、11月ながらぽかぽか陽気となったこの日は多くの方がウォーキングに参加してくれました。途中のスタンプポイントで税金クイズに答えてもらい、税のPRに励みました。


△一色商工まつり

△きらまつり

平成28年10月8日(土)

 10月8日、西尾市文化会館一帯で開催された第6回にしお産業物産フェアにあわせて、第25回「西尾の抹茶の日」イベントが開催されました。文化会館小ホールロビーにおいて、抹茶の無料サービスがあり、西尾法人会女性部会がボランティアで参加しました。
 
 毎年大人気のイベントで、この日も早朝から多くの方が列を作って待ちわびる中、女性部会メンバーは裏方としてお茶碗洗いやお抹茶点て、お菓子の準備などで息つく暇もなく動きまわり、多くのお客さまへのおもてなしを影ながら支えました。この日1日だけで約1,700杯ものお抹茶を提供し、イベントは大変盛況のうちに終わりました。

 西尾法人会青年部会、女性部会の第4回通常総会が5月13日、西尾市文化会館会議室であり、来賓に西尾税務署の明光幸和署長、本会の山﨑秀夫会長らを迎えて行われた。
 青年部会では柴崎忠義部会長が挨拶に立ち、「昨年は租税教室に力を入れて行い、小学校8校にまわることができた。今年はなんとか10校に増やして行きたいと思っている。皆さんのご協力なくしてはできない事業であり、税務署におかれましては租税教室の推進にあたりアドバイス、ご指導を賜りたい。」と租税教室の拡充への意気込みを語った。また、「今年は昨年に引き続き、運営研究会の発表が西尾法人会が担当になっている。青年部会からは私が発表することになっているので、皆さんのサポートをお願いしたい」と重ねて要請した。
 議事として平成27年度事業・決算報告ならびに28年度事業計画・予算案などを審議し、原案通りに承認された。役員改選では柴崎会長はじめ副部会長5名は再任され、理事8名、監事2名が任命され、承認された。今年度は新入会員が9名あり、その紹介もあった。


 女性部会では杉田和江部会長が、4月より県女連協副会長として責務を果たす一方で、西尾法人会女性部会としては第11回全国女性フォーラム福島大会へ6名で参加したことを報告した。また、税に関する絵はがきコンクールについては、「年々着実にその実績を積み重ねている。本年度はさらに充実するよう西尾市の全小学校26校の6年生の応募を目標に努力していきたい。」と次世代を担う子どもたちへの租税教育活動に関わる活動をこれまで以上に力を入れていくことや、移動研修、趣味講座など楽しい研修活動を続けていくことで、会員増強につながるよう努めていきたいと挨拶した。
 議事では、平成27年度事業・決算報告ならびに28年度事業計画・予算案などを審議し、原案通りに承認された。



 総会終了後、青年部会、女性部会合同での記念講演会が行われ、講師に僧侶でアナウンサーの川村妙慶さんを迎えた。
 川村さんは北九州市真宗大谷派・西蓮寺の長女として生まれ、京都で仏教を学ぶものの社会勉強のためにアナウンサーの道へ。その後、西蓮寺へ戻り、本格的に僧侶としての活動を開始したという経歴の持主。現在はインターネット上で「妙慶の日替わり法話」を毎日更新し、メールで全国から相談を受けていることが話題となっている。
 川村さんは「心とはいったい何だろうか。それは『道理(すじみち)』を知るということ。本当の自分がわからないから悩み、苦しむ。いいことも悪いことも程よく両方を経験していないと、何がいいことで何が悪いことか比べることができない。仏様の教えは、『答え』を探すのではなく『問い』を持つということ。一度立ち止まって己に問うことで、一歩一歩成長する。」と述べ、「過去と他人は変えられない。でも自分は変わることができる。『これから』が『これまで』を決めるのです。どんな過去でも今の自分に必要な時間であったと思えるよう、『これから』を大切に生きていきましょう。」と優しく明るい口調で満員の会場に語りかけた。

全 45 件中 11 〜 15 件目を表示 1, 2, 3, 4, 5, 6 ...9

« 前の5件 次の5件 »